言語非統一

正月を祝って、彼岸に墓参りし、ハロウィンで騒ぎ、クリスマスにツリーを飾る。
おおよそそんな感じである。プログラミング言語を統一してどこでも同じ言語を使おうという考えは昔からあったけど結局「究極のプログラミング言語」を生み出し続けることになっているだけだと思う。
なんであれモジュールをAPIとかRPC的な使い方にしてしまえば、どんな言語で書かれていても問題ない。言語間の比較をどうでもいいところまでする必要もない。
僕としてはグルー言語としてはRubyを使い、抽象的なツリー構造を「飾る」にはLisp系の言語を使おうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA